自己成長のための人間学エニアグラム・ペルソナ研究所のページへようこそ

  成功人生理論 あなたらしく生きる よりよいコミュニケーションを探るペルソナ研究所


レンタルフレンド

昨夜NHKで、レンタルフレンドなる商売がちまたで、需要を増してきているという番組がありました。

これは一時間あるいは一日単位で、友人のように話を聞いたり、行動を、ともにしてくれるというかたを、紹介する「商売」です。一時愛人のレンタル業が、ありましたっけね。

勿論、これはそうしてものとは違ってセックスには無関係です。

外出できない方や、人見知りでなかなか異性と自由にお話しすることのできない方、同性同士でも、相手の友情をどう受け止めていいかわからない(愛着障害ということも含めて)方などが、金銭で一時の話を聞いてもらう、行動を共にして日ごろの思いを発散するというものでした。

「こんなことまでして、友達がほしいの?」

「お金で、友情は変えないでしょ!」

「淋しいね」

そうなんです。淋しいんです!自由に話をしたり、だれでもしている(様に見える)お友達付き合い。この方たちも、同じようにしたいのです。

でも、どうしていいかわからなかったり、うまくいかなくて傷ついてしまうことが多すぎたり。

だからお金で、割り切ってお付き合いをして、人恋しい自分の心を何とかしようとしているのです!

この方たちは、そうまでして、たとえ一時のこと、本物でなかったとしても

「一日、自分のそばで海を見ていいねといってくれるひと」

「キャッチボールをしてくれる人」

「話を聞いて、解かるよ・・と言ってくれる人」

が、ほしいのです。

あなたが、この方たちの願いをかなえてあげられますか?
繰り返される昔の話や愚痴に、辛抱強く付き合ってあげられ、しかも、その事を他のだれにも、漏らさないと誓えますか?

今、こんな事を「商売」とすることが、正しいかこんな「商売」を求める事がいいか悪いかは、当然わかっています!

でも、正しいか、正しくないかでは、私は判断できないと思います。

日本には、こうしたどうしようもない寂しさや、コミュニケーションストレスを抱えて、地獄のような孤独の苦しさと、戦っている方がたくさんいらっしゃるのが事実だからです。

たとえ、お金を大枚支払っても、ひと時心が安らいでほしいと、願う方がいても当然ではないでしょうか?

だって、人は一人でいる寂しさには耐えられても、多くの人に囲まれていながら一人ぼっちを自覚する寂しさには、耐えられないと、思います。

あなたの周りにも、人に囲まれながら「孤独」を感じている方がいらっしゃいませんか?

2014年12月27日

戻る »

ホーム > レンタルフレンド▲ページトップへ


Copy Right(C) 2015 Persona Institute All Rights Reserved.