自己成長のための人間学エニアグラム・ペルソナ研究所のページへようこそ

  成功人生理論 あなたらしく生きる よりよいコミュニケーションを探るペルソナ研究所


片づけられない事で自分を責めていませんか?

新年度も始まって早一週間!

いかがお過ごしですか?

今朝は、朝活に行ってきましたが、「あなたの欠点は?」というのが今朝のお題。

その中で一番おかった自己採点の欠点はなんと「おかたずけができない」ということでした。

そうなんですねぇ!おかたずけって、多くの方が悩んでいらっしゃるんですね。

2000年に日本初版が出て、2003年には19班が出て、話題になった《かたずけられない女たち》という本がありますが、この著者は「ADD」すなわち、注意欠陥障害の方です。

学校の成績はいいのに、遅刻する、宿題がかたずけられない、提出物が出せない、机の中がぐちゃぐちゃ、忘れ物、落とし物、授業中のよそ見私語、大人になってからはなくしものそれも、大事なものかどうかは一切関係なくとにかくなくす!着られる服がなくなる、台所では何かが腐っている。約束を忘れる!

自分を責めました。

性格が悪いからだ!
シッカリしてないからだ!
根性が悪いのだ!
きちんとしなくてはならない!
訓練しなくてはだめだ!

でもある時、「ADD]の存在を知ります。

そうか、片づけられないために人生を諦め様としていたのは自分一人ではなかったんだ!
自分は雑用ができないから仕事ができないと思い込んでいたのは、わたしひとりでは、ないんだ!

「ADD」であってもなくても、片づけられないからと言って、約束を覚えていられないからといって、なくしものが多いからと言って、人生を諦めないでください!

苦手なことを、するということよりも、自分の得意なこと、できることから発想しましょう”
特異なこと、情熱を燃やせることから、始めましょう!

苦手なことは工夫をします。人に手伝ってもらいます。

あなたの持っている得意、できる、しやすい事を大切にしましょう。

ADDにしてもHDDにしても、お一人おひとり違いうので、あるいは、診断は受けていない方も含めて、「障害」とまではいかないようだけれど、ちょっとばかり困っている方も、ご一緒にアイデアを共有しませんか?イメージ

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

2015年1月7日

戻る »

ホーム > 片づけられない事で自分を責めていませんか?▲ページトップへ


Copy Right(C) 2015 Persona Institute All Rights Reserved.